米国のカリフォルニア州で男が病院に爆弾持ち込み自爆

米国では車いすの男が診療所の待合室で、自家製爆弾を爆発させました。

病院へのスタッフは爆発で負傷しませんでしたが、患者が犠牲になってしまいました。

警察は事件がテロ行為とみなされていないことを強調しました。このような絶望的な行為をした男の動機のアイデンティティは、検討されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です